鮫肝油について


鮫肝油について

鮫肝油とは、サメの肝臓にある脂肪分を抽出したものを言います。 通常の魚の場合は、浮き袋があります。 この浮き袋を使うことによって泳ぐことができるのですが、サメの場合は浮き袋がありません。 その為に自由に泳ぐことができないのです。
さてどのようにして泳いでいるのかというと、肝臓の中に脂肪分を蓄えることで浮き袋の代役を作っているのです。 この脂肪分は非常に栄養豊富といわれていて、鮫肝油としてサプリメントや薬などでよく使われています。
この鮫肝油には様々な種類があります。 鮫肝油と深海鮫の肝油、生肝油の3種類です。
鮫肝油は、圧縮機械を利用して鮫の肝臓から抽出したものです。 3つの種類の中で一番お手頃な値段になっています。
深海鮫の肝油は、深海に生息している鮫から抽出をしたものです。 深海という場所に生息している為に採取をすることが難しいとされています。
そして生肝油。 鮫は酸化しやすい特徴を持っています。 その為、真空にすることで新鮮な肝油を手にすることができます。 生肝油は真空状態になっている一番新鮮な肝油なのです。
このように、鮫肝油と言っても様々な種類があるので自分に合った鮫肝油を選ぶことで、効果も倍増してくるのではないでしょうか。
[美容健康関連情報]
・こちらのサイトに会員登録をすると、近くの街コン情報を知らせしてくれます→ 街コン 情報



ページTOPへ